topimage

2017-10

自分のルーツ - 2014.03.30 Sun

 本日は師匠の個展の最終日でした。


 サンキャッチャーの引き続きの委託のお願いもあり、


 横浜の金沢文庫にあるカフェギャラリー&窯 ばおばぶさんへ。


IMG_0426_convert_20140330231747.jpg



 
 春の嵐でお客様はほとんどいなかったので


 先生を待ちながらオーナーやスタッフさんと


 美味しいお茶やお菓子をいただきながらのおしゃべり!




 その中で自分のルーツのお話に。



 私の母方の祖母は詩人で、手芸が大の得意でした。



 フランス人形みたいないわゆる人形も作っている作家でした。



 だけど私は人形が苦手…むしろ怖いと思うほうで。




 「人形が嫌いなのに、人形を作ってるの?」



 とばおばぶオーナーにも目を丸くされました(笑)






 家に帰って蒸し返して考えてみたところ、ひとつの結論に。



 きっと私の”人形嫌い”の唯一の例外を作ったのは、



 作家・一花さんの人間の魅力そのものでした。


 
 お会いすればわかるのですが、そのまま妖精のような人です。



 私がヘンプ編みのお仲間に連れられてご自宅の教室に御邪魔して



 先生の本棚をみて思いました。



 私の母の趣味によく似ている、と。



 指輪物語を始めとするファンタジーの本の数々やルネ・ラリックの作品集、



 あるいはプリズンホテル(笑)!



 それは母の本棚にもあったもの、小さい頃から私の慣れ親しんだ世界。



 それを他人である彼女の本棚に発見したとき、



 宝箱を開けたようなわくわくした、そして懐かしい感覚。



 作品にも魅力が映っているので



 その人形だけは、怖くはない(笑)



 むしろ大好きです!




 ふふふ。変な話でしょう??



 ばおばぶで素敵なものを見せていただきました。



 八重咲きの真っ赤な椿と



 IMG_0436_convert_20140330230415.jpg

 


 吸い込まれそうな淡い桜の木!


 IMG_0435_convert_20140330230520.jpg



 陶芸スペースのほうにあるので、特別に見せていただいたのですよ。



 6時間もばおばぶでおしゃべりした、楽しい一日でした(笑)



 この記事は我が師へ捧ぐ!


 

 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://merrybell1215.blog.fc2.com/tb.php/5-03daaf12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜貝の話 «  | BLOG TOP |  » わたね市、ルレット展

プロフィール

merrybell

Author:merrybell
羊毛フェルト作家・一花(IKKA)に師事。

ニードルフェルトでお人形を作っています。
暖かくて優しい、日常にあるけれど幻想的な世界を表現していきたいです。

ハンドメイドマーケットのiichiで作品の出品を始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

自己紹介 (1)
日記 (55)
作品紹介 (26)
イベント (15)
未分類 (3)
お知らせ (10)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR